ふれっしゅらいふ、その後のハナシ。
強烈な夢を見た
0

    久々に強烈な夢を見たから、覚えてるうちに一部記録しておこうと思う。

     

     

     

    大学の同期5〜6人で円陣を組んでる。

    もうすぐ地球最後の日、最後の時間。

    痛いんだろうか、苦しむんだろうか、と不安になる。

    時間になったけど何も起こらない。

    デマだったのか、と思った矢先空がぴかっと光った。

    カミナリが鳴って、地鳴りがする。地震が起こる。

    ぐらついたと思ったら景色が暗くなって、

    視界は岩やらなんやらめちゃくちゃになる。

    それも一瞬で、今度は何も見えなくなるくらい眩しい。

    太陽に取り込まれるような。

    瞬間にジリジリと熱くなったけど、すぐに感覚が無くなった。

    身体はもう消滅して、意識だけが光の中に残ってる。

    私は死んだ。

     

    時間も空間も関係なくなって、一瞬と永遠が全く同じものになった。

    思い浮かべた場所、時間に意識を飛ばせるようになって

    あちこち見に行った気がするんだけど、

    今は宇宙のモヤモヤしか思い出せない。

     

    友達と一緒に小さな部屋にいた。

    壁際のバッグに私物が詰まってる。

    中を覗くとハガキがあって、宛名が見えた。

    息子の名前だった。

    まだ五ヶ月の赤ちゃんの息子。

    この部屋を出たら私は別の人生を生きることになる。

    カバンの中身は前世の記憶で、これは部屋の外に持って出れない。

     

    息子のことを思い出して切なくなった。

    もういっぺん、ぎゅっと抱きしめたかった。

     

    目が覚めてからこの部分を思い出すと涙が出てしまうんだけど、

    この時の私は意外にアッサリと「ザンネンだ」くらいの気持ちで

    ドアの向こうに行く。

     

    それは友達の家の玄関扉で、見慣れた玄関ポーチに出た。

    まだ前世の記憶はある。

    でもすぐに忘れて、新しい「今までの記憶」が出来る。

     

     

    ここで目が覚めた。

    この「忘れることを惜しく思う」感覚は、昔見た夢でもあった。

    涙が肥料になるのなら

     

     

    忘れていく。
    一緒に撮った写真をぐっと見つめて忘れるもんかって思うのに
    だんだん薄れていく。写真の中のじいちゃんが薄くなっていって
    忘れていくことも忘れてしまう過程を外から感じ取ってる。
    ザラザラって、砂絵がゆっくり崩れてしまうみたいに。

     

     

    今までの記憶って、本当に自分が通ってきた時間でてきてるのか?

    疑いたくなる夢だった。

     

     

    16:15 日々のこと comments(0)
    スポンサーサイト
    0
      16:15 - -
      comment

      message :