ふれっしゅらいふ、その後のハナシ。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

     - -
    言葉の「意味」
    0
      Courseraもあっという間に第4週。
      一か月って4週間しかないんだなぁ。しみじみ。

      今週のテーマは「意味」。哲学的とも交わる分野。
      言語学的な「言葉の意味」は、2つに分類される。
      *Semantic meaning
      意味としての意味。字面通りの意味。真か偽か。
      *Pragmatic meaning
      目的がある発言。情報の伝達、命令、謝罪等。話し手→聞き手。
      言葉の意味はそれが発せられた背景による。
      基本的には、私たちが用いる言語は全部Pragmatic meaningを持つ。


      <Semantic meaning:色の名前>
      ある言語には、オレンジという色を表す語がない。
      またある言語では青と緑を一語で表す。
      ある言語では色を表す語が白黒赤の三つしかない。

      どこからどこまでをAという語でくくり、
      どこからどこまでをBという語でくくるか。
      世界の分類方法は、言語によって違う。

      どの言語でも、白と黒明るい色と暗い色、は分別されている。
      その次に、。それから更に分けられるのが、黄色。この次にが来る。


      <Pragmatic meaning:言葉の裏>
      例えば唸り声をあげたり、自分を指さしたり、
      言葉を介さずに言わんとする意味(pragmatic meaning)を伝えることもできる。

      Performative meaning 1:真偽以上の何かを伝える文章
      Speech act:世界(状況)を変える言葉
      Performative meaning 2:何かを言わずに変化を起こすこと
      文字通りに解釈すれば好意的な内容(Semantic meaning)でも
      言わんとしている内容(Pragmatic meaning)は否定的だったりする。

      Maxims:会話の中で従うべきルール、暗黙の了解


      ◇ 必須Readingリスト
      Words cannot Express
      『言葉では表現できない』
      Does Your Language Shape How You Think?
      『言葉が思考を形成する?』
      LANGUAGE AS THOUGHT: WATCH OUT FOR THE HYPE
      『思考としての言語:ごまかされるな!』
      Stuart Whatley on The Language Hoax
      : Why the World Looks the Same in Any Language

      『言語のいかさま:どの言語でも世界が同じに見えるのはなぜ』


      今週のReadingはわからん単語が多くて苦しい。。。
      12:48 Coursera受講ノート comments(0)
      スポンサーサイト
      0
        12:48 - -
        comment

        message :