ふれっしゅらいふ、その後のハナシ。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

     - -
    外国語勉強法としての「リーディング」
    0
      語彙が豊富で、話すのも上手な人ってのはたくさん本を読んでいる。
      日本語を勉強してるお友達でも、日本語で本を読んでる人の日本語能力はすごい。

      外国語学習の1つの方法としての読書、「リーディング」について
      お役立ちアドバイスたっぷりのブログ記事を発見。

      How to Read in a Foreign Language
      by. THE POLYGLOT DREAM
      Lucaのブログを見て驚いたのは、日本語の記事(簡単に外国語を習得する方法)もあること!ひとつだけかな?でも内容もとてもいいので、ぜひ一読あれ。

      さてさて、このHow to Read in a Foreign Languageの中で面白いと思った部分をピックアップしてメモしときます。もっと詳しく知りたい!って方は上のリンクから本文記事にアクセスしてくださいね。

      ー「新しい単語を覚える」ってのは、リーディングの目的じゃなくて過程。リーディングの目的は楽しむこと。私はアイデアの発掘のために本を読む。

      ー「より高度なレベル」に辿り着くためにはスピーキングだけでは不十分

      言語は誰かに「教えてもらう」ことはできない。自分で「学ぶ」しかない

      ー初級〜中級レベルの時は短めの記事を選ぶ。少し難しそうでも、興味があるもの。

      ーメモや線、矢印を書き込みながら読む(電子書籍を使わない理由の一つ)


      もうひとつ・・・
      How to Keep Learning a Language when You No Longer HAVE to
      必要としなくなった外国語の勉強を続けるために、どうやってモチベーションを維持すればいいのか?19人の語学エキスパート達それぞれの答えが見れる。例えば、最初に勉強を始めたきっかけを考え直してみよう、とか、勉強を続けたいならモチベーションうんぬんよりまず習慣、やる気は後からついてくる、とか、ある程度のレベルまで達していて、もはや必要ないのであればそこで辞めればいい(もう一度必要になればすぐ思い出せるから)とか。

      その中で、リーディングとリスニングを習慣にする、というのもあった。あえて「勉強」という形を取らなくても、会話するチャンスが少なくても、この二つを毎日続けていれば一度学んだ外国語が頭から消えてなくなることはない。あくまでも目的はリーディングそれ自体じゃなくて、その先にあるもの。言葉覚えるのはあくまで過程のハナシ。


      ちなみにワタシの場合。
      Facebookでフィード購読(無料)しているPSYBLOGTEDで興味がひかれる投稿があればその都度読んでる。時々Language News BlogQuick and Dirty Tipsを覗いて、面白い記事があれば読む。あと私のブログで度々紹介してるFluent in 3 Month。ここはメルマガで、新しい記事の更新情報や言語関連のおもしろいニュースの紹介なんかを発行してる。

      んで、一回読むだけだとぼんやりとしたイメージしか残らないから何回も読む。何回も、ってのは読み終わったらまた最初から〜じゃなくて、数日後にまた読むだけ。なんとなく忘却曲線を意識して。だからREVIEW専用のブックマークフォルダを作って、あとでまた読みたい記事はそこに残しておく。もうええわ、って思ったら消す。

      時間があるときは音読。黙読より頭に残る。私も「英語を勉強するために」読もうとは全然思ってなくて、興味ある記事とか面白い話を読めて、ついでに英語にも触れれてラッキー、ぐらいの気持ち。そうじゃないと続いてなかったと思う・・・。


      でもたまにはスカイプで誰かと英語で話したいな〜。日本人と英会話したい!どんな風に勉強してるのかとか、最近知った単語とかフレーズをシェアしたり、ただ単に日常のことを英語で話してみたり。どうだろ。
      15:14 勉強方法 comments(0)
      スポンサーサイト
      0
        15:14 - -
        comment

        message :