ふれっしゅらいふ、その後のハナシ。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

     - -
    どっぷりと、分別のない世界に
    0
      目の前のことに一生懸命になる。時間の感覚が無くなるくらい。

      時間の感覚が無くなるって言うのは、「先のことを考えない」と言うだけじゃなくて、「今自分が何々をしている」と言うことすら考えなくなるということ。自分が目の前のそれ、そのものと一体になっている状態。そう言う時、大抵のことはうまくいく。最大のパフォーマンスが発揮できる。

      スポーツをしている人はピンときやすいんじゃないかな。
      ZONE、とかフローと言うアレは、このことなんだと思う。

      そう言う時、ZONEとかフローの状態の時、その「やっていること」と「自分」は分かれていない。全くの同一、ひとつのまとまりのなかにいる。その時の自分には時間がなくて(時間を感じ取れなくて)、良いとか悪いとかの概念も無い。「やっていること」と「自分」が分かれてから、「こういう状態だった」と認識できる。そんでもってその後味が最高に良い

      ヨガ、瞑想、座禅はその状態に近づくためのアプローチ方法なんだと思う。「自分の行為」と「自分」の境目を失くして、ひとつのまとまりを感じ取ろうとすること。気分転換のため、ストレス解消のため、などなど個人的な目的もあるだろうけど、究極の目的はそこんところに集約されるんだと思う。

      「自分の行為」と「自分」の境目をなくす。そこに「自分」はいない。「自分」がいなければ「他人」もいない。ひとつのまとまりでしかない。ただ、ある。禅僧ならそう表現するのかもしれない。


      言葉は世界を分ける。

      国境を引くとか文化の違いを生むとかそういう意味じゃなくて、もっと個人的な意味で。人間はだいたい、「いぬ」も「つくえ」も「わたし」も「あなた」も無い世界を1年以上過ごす。まさに大人が座禅や瞑想を通して一生懸命目指そうとしている世界に、生まれながらにしてどっぷりと浸かっている。その分別のない世界から私たちを引きずり上げるのは、「言葉」なんじゃないかと最近思うようになった。

      分別がない世界の感覚を思い出せる大人はいない。いったん言葉を覚えてしまったら、二度と戻れない。普通は、それを忘れていることも忘れている。二度と戻れないんだから、子どもに急いで言葉や文字を刷り込んで大人にしてしまうより、味わえるうちにしっかりその世界を味あわせてあげたいもんだと思う。


      分別がない世界には、何の縛りも無い。「わたし」と「あなた」どころか、時間もない。それってものすごく「自由」なんじゃないか。もちろんそこには「自由」も「不自由」もないんだけど、究極の自由ってやつはそこにしかないような気もする。「言葉」のおかげで「自由」を知り、それについて考えることができるようになったヒトってやつは、「言葉」がある限り究極の自由には成り得ない。そう思うと、なんとも言えない妙な気持ちになる。



      そうそう、「」と表現される世界はこの分別がない世界のことなんじゃないかと思う。「ない」とか「ある」とかそういう分別を超えたところにある状態。


      まるで抽象的な世界の話をしているんだけど、「言葉」そのものが「抽象」の結晶みたいなもんだから、分別のない世界こそが「具体的」な世界なんじゃないかと思う今日この頃。今目の前に見えている世界は抽象的な世界で、カタチ(言葉)を全部取っ払った時に残る意思の上澄みみたいな世界が、実は具体的な世界なのかもしれない。


      意味わかる人、いますか?私は自分が何を書いているのか、全く意味不明です。


      分別がない世界が真の具体的世界であるなら、そこに時間はないわけで。今も現在も未来も、本当は分かれていないということになる。これは前々から考えていたことにピッタリだから採用。今のこの「リアル」の世界はもちろん時間があって、昨日とか今日とか明日がある。昨日と今日が同時に現れることはありえない、はず。だから「時間がない」とか、「過去も未来も現在もない」なんて、本当に意味が分からないだろうと思う。私自身そう言いながら、どういうことか説明しろと言われても困ってしまう。


      「リアル=分別の世界」と「分別がない世界」の境目がどっかにあるんでないかと睨んでいる。そんでもって「夢」がその境目に触れる装置になるんじゃないかと。これはケンキューの必要がある。うむ。


      こういう話をまじめもまじめ大真面目にして、笑われたり、真剣に頭を心配されたりした。それで、人にこういう話をするのをやめた。もしかしたら、と思ってまだこうしてブログに書いている。我慢できない、ってのもある。


      今日はここまでにしとこう。
      20:53 考えること comments(0)
      スポンサーサイト
      0
        20:53 - -
        comment

        message :



        template : Lalala
        管理者ページ