ふれっしゅらいふ、その後のハナシ。
経済力で見る言語
0
    イギリスが中国語の教育に力を入れる宣言をしたそうな。
    もちろん、経済的な目論見があってのこと。

    言語の力関係についてちょっと知りたくなって検索してみたら
    とっても面白いブログ記事を発見。
    右投資十八番(FC2時代)「言語別の経済力、支配力」
    英語が世界一強い、ってのはわかってたけど、
    スペイン語がこんなにパワフルなのは知らなかったー。

    各言語話者の経済力ってことだけど、彼らのビジネスは
    英語で交わされてるんだよね???どうなんだろ。
    中国人はあの人口だから、トップレベルになるのは当然のような。
    これをどういう見方をすればいいのか、
    誰か優しく教えてくれないかな。。。

    「これからは○○国がビッグになるから○○語だ!!!」
    ってセリフは何パターンか聞いてきたんだけど、
    これもなんだかスンと来ない(?_?)
    日本人が日本人流の外国語学習で以て中国語を習得するよりも
    中国人が英語を習得する方がずっと早いんでないかな。(笑)
    彼らのガツガツ感はすごい。正直引く。


    インターネット上で使用される言語、で思い出したのは
    イーサン・ザッカーマンのTEDスピーチ。(グローバルボイスに耳を傾ける)
    右知っていると錯覚すること




    そうそう!私はと言いますと、中国語と並行して台湾語も
    地味に勉強すすめてます^^それこそ経済力の観点で学習する人は
    いないような言語ですが、言語ってやっぱりおもしろい〜〜〜!!


    外国語を知らないということは、
    自分自身の言語についても何も知らないということだ。
    by. ゲーテ

    言語の限界は、世界の限界である。
    by. ウィトゲンシュタイン



    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村
     
    10:36 中国語学習 comments(0)
    スポンサーサイト
    0
      10:36 - -
      comment

      message :