ふれっしゅらいふ、その後のハナシ。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

     - -
    使える英語を身につける
    0
      よく「日本の英語教育はダメだ!」って批判を見ます。
      「結局おれたち日本人は英語を話せないじゃないか!ほら見ろ!」って。

      私は日本のごく普通の公立中学・高校で英語を学んできたんですが
      先生に恵まれたおかげか、6年間「意味のある」勉強ができました。
      退屈で寝てしまうことも多々あったけど、学校の授業なんてそんなもんでしょ。

      自分は全く努力もせずに「○○のせいだ」と言う奴らには凄く腹が立ちます。
      日本の英語教育批判をする人の中に時々、そういう人もいるので。
      てめぇのコンプレックスを人に押し付けるんじゃねぇよって言いたいです。
      (逆に一生懸命勉強してある程度英語に自信がついた人が得意げに
      「君たちと僕は違うのさ!なぜって?日本の教育がダメなのさ!」と何様目線で
      批判して自意識を満足させているのにもガッカリします。)


      教育の仕組みがダメだ!とピーチクパーチク愚痴ったれていながら
      何もしない、なんてのは本当に嫌いなんです。
      だから、今の教育がなぜダメだと言われるのか、その教育を受ける人が
      「使える英語を身につける」ためにどうすればいいか、考えてみました。


      私は、学校教育におんぶにだっこで全てを頼るんじゃなくて
      自分の都合がいいように「利用」とすればいいんじゃないかと思うんです。
      以下、長くなりますが目次っぽいものをつけるならこんな感じです。

      *学校で教える英語は、学問のツールとしての英語
      *自分の目指す「使える英語」は「何に使える英語」なのか
      *それは学校教育で教えるの英語とどれくらいギャップがあるのか
      *自分が優先する目標に合わせて勉強の「前提」を変える
      *必要な能力と、それを身につけるトレーニング方法を考える



      <学校教育の目指す方向>
      「受験英語は全く役に立たない英語」という考え方は、
      もう日本人に共通の認識なんじゃないかってくらい浸透してます。
      だからさっき言ったような「おれが英語できんのは教育のせいや!」
      と堂々と言う恥ずかしいやつがぞくぞくと出てくるのかも。

      受験英語と言われるように、学校で教えられる英語や教え方そのものは
      受験に合格するための英語、試験で点数を取るための英語です。
      英語に限らず、数学も理科も結局受験のためにカリキュラムが組まれています。

      それにしてもなんで他の教科は「使える数学を!」だとか
      「使える歴史を!」って言う人が出てこないんだろう???

      学校で扱う「英語」は、他の科目と同様に「学問」としての科目の1つのはず。
      美術・体育・音楽あたりは特殊なんだろうけど、
      学校教育における「英語」はそっち側じゃない。今のところは。

      学校教育の「英語」はアカデミックなものを目指している。
      受験に合格できる、最終的には大学で論文を読み書きできる能力
      だから文法や構造、正しい使い方に拘った教育法なんだと思う。


      <じゃあ、使える英語って何?>
      そもそも「使える英語」って、何に使える英語を指しているんだろう??
      「グローバルな世界で…企業が必要としているから…」と、言うのなら
      彼らが学生にさせようとしているのは「ビジネス英語」なんだろうか。

      海外旅行で「シャッター押してくれませんか?」って聞けるようになること?
      留学先で友達と「あの映画どうだった?」って話せるための英語?

      「これからは英語が話せることが世界の常識だからさ」なんて言われても
      何を目指してるのかわからない。みんなが批判しているから、って
      「無批判に批判」するのはカッコワルイ、と私は思ってる。
      深く考えずに正論を言うだけなのはすごく楽だし、なんとなく優越感に浸れる。
      でもカッコワルイ自分は嫌だ。だから考える。考えるのは苦手だけど、考える。

      結局私達は英語に何を求めているんだろう?
      何を目標にすればいいんだろう。

      人と人とのコミュニケーションを取るため英語
      英語を聴いて、話す事ができる能力。英会話。
      自分の言いたいことを自信を持って言える能力
      これが私の考えた「使える英語」。

      何を必要としているかは人によって違うし、
      自分にとって本当に必要だと思えなければ学習の効果は薄い。
      ※先週の記事「何のために英語を勉強するの?

      もし本気で英語をどうにかしたいと思っているんなら、まずは
      自分が何を求めているのかハッキリさせる必要がある。
      ここから先、私にとっての「使える英語」を身につける方法について書きます。


      <学校英語と使える英語のギャップ>
      ここでやっと、受験英語使える英語*の違いを考える段階に入りました。ふぅ。
      私は受験英語が全然使えない英語だとは思ってないので、この使える英語*
      会話英語とでも言いましょうか。ネーミングセンス、なし。

      受験英語は「学問のための英語」を目指している。
      最終目標は知識を広げるため、知識を仕入れるための英語。
      そこに到達するために、ボキャブラリーや文法の知識を増やし
      それを正しく使う能力を身につけないといけない。

      もしTOEIC等で得点を稼ぐための英語が必要なら、
      内容は違えど学校教育と目指す方向は同じ。
      知らないことを減らしていくことが、受験英語が目標地点に向かう方法。

      私の考える会話英語は、「自信を持って会話ができること」が目的。
      受験英語会話英語にも共通するのは、
      どっちも英語はツール(道具)に過ぎないってこと。
      英語を話すことそのものは目標じゃない。その先に目標地点がある。

      じゃあ、人と会話でやりとりすることに重点を置いた会話英語はどうやって
      目標地点を目指すのか。ゴールが違うんだから、辿る道のりが違うのは当然。
      大切なのは知っている単語で出来るだけ多くのことを伝えられる能力。
      知らない単語を増やすトレーニングをする受験英語とは、対極的な内容。


      この二つが大きく違うのは、受験英語は「無い部分」に焦点を当てて、
      会話英語は「持っている部分」に焦点を当てているってこと。

      受験英語は語彙を3000語から4000語に増やす訓練が必要だけど
      会話英語は3000語なら3000語の語彙で話す・伝える訓練が必要。

      受験英語は選ぶべき正解・答えが決まっていて、
      会話英語には模範解答こそあれど正解はない。

      会話英語で重要なのは、喋っている英語そのものじゃなくてその中身。
      鍛えていくべき筋力が全然違う。

      私が言いたいのは「やっぱり受験英語は役立たずだ!」って事では無いんです。
      確かに受験英語と、自分が求める会話英語のギャップは大きいけど、
      そこをどうすり合わせていくかってのを考えたいんです。


      <受験英語を利用する>
      自分の足りない部分に注目する受験英語は「ない」を前提に勉強する。
      出来ていないことや間違えたことをチェックすることで
      「ない」を減らし、目的地に近づこうというスタンス。
      新しいことを覚える勉強のためには効率的で良い方法なんだけど、
      間違えちゃいけないという完璧主義的スタンスを会話に持ち込むと
      「テストの点は取れるのに英語を全然喋れない」ってことになってしまう。
      「ない」前提が無意識のコンプレックスにつながることもある。

      ただ、そうはいってもやっぱり1000語より2000語、
      2000語より3000語と語彙は多いほど話せる力が膨らむ。
      出来るだけストレス無くに意思疎通をすることを考えると、
      正しい語彙を増やすこと」も必要になってくる。

      自分の言いたいことを自信を持って言える」ことを目標とする
      私にとって、受験英語はになってしまうこともある。

      じゃあ、どうするか。

      自分の中で勉強のスタンスを「ある」軸に変えてしまおうじゃないか
      その「ある」という前提を補強するために受験英語に向き合う。
      自分が最優先にすべき目標が会話英語だってハッキリしているのなら、
      それに合わせたスタンスで勉強を進めればいい。


      <会話英語に必要なこと>
      ナマケモノくんに、お手伝いをしてもらいながら図で説明します。

      伝えたい内容がある
      まずはこれがないと。伝えたいことがなければ赤ちゃんの日本語だって発達しない。
      おいしいとかおもしろいとか、周りの刺激を受けて感じ取ったことを伝えたい。
      知識として頭の中にあること、考えたこと、意見を伝えたい。
      出来事や人から得た情報を他の人に伝えたい。
      この「伝えたい」という気持ちが言葉の芯にある。



      部品を選択する
      外国語で「伝えたい」を叶えるために、自分が持っている単語・フレーズを
      選ばないといけない。この部品の量を増やして質を高めるのが受験英語。
      会話英語で必要なのは、部品を引っ張り出す能力。
      持ってない部品を他の部品で補う能力。
      早く、適切な部品を選択できるようになるようには訓練が必要。


      組み立てる
      文章としてカタチを作る。受験英語で設計図を多く仕入れておいて、
      会話英語では実際に組み立てる練習をする。会話英語は精密さを重要視しない。


      <トレーニング方法、私の場合>
      伝えたい内容:日常生活で起こった出来事
      部品&設計図集め:Podcastを聞く、英語学習系ブログを読む
      頭の中の部品袋に手を突っ込んで取り出す練習:英語で独り言をいう
      フィードバック:英語ブログをネイティブに添削してもらう

      これといって教材ややり方も固定されてないけど
      まずは「間違えても良いからもっともっと発言しよう」って気持ちを目指して。
      そこからかよ!ってレベルなんです。(笑)


      がんばれ〜のクリック、お待ちしてます
      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
      にほんブログ村

      JUGEMテーマ:教育
      JUGEMテーマ:外国語学習


       
      07:37 勉強方法 comments(0)
      スポンサーサイト
      0
        07:37 - -
        comment

        message :