ふれっしゅらいふ、その後のハナシ。
喋る、聞く、喋る、聞く
0
    中国語と、英語の勉強について。

    まず、英語。久々に真面目に向き合おうかって気分になってる今日この頃。
    昨日紹介した無料学習サイトのうち、これからも継続して活用する予定なのは
    ESLpodcast。配信されるペースも今の生活リズムに合ってるし、
    何より内容が面白い。短いスキットながら、毎回ちゃんとオチがある。

    具体的にどうするかは決まってないけど、とりあえず
    お耳とお口がヒマな時はシャドー(※)する習慣をつけよう。

    シャドーイング・・・ネイティブの英語を聞きながらそっくりそのまま
    オーバーラップしながら喋るトレーニング方法。


    やっぱり言葉は使わないと頭に残らないから、スカイプで言語交換始めました
    Japan-guide.comで募集したら一日たたぬ間にたくさんメッセージいただき
    何人かとお話させていただきやした。あ〜久々に英語喋った気がするよ。
    face to faceで練習出来たら一番いいんだけどなぁ。



    んで、中国語について。
    環境が環境なだけに、英語よりもずっとモチベーションが維持しやすい。
    自分の意思で勉強ができるってのは、こんなにも楽しいのか。
    昨日は先週に引き続いて「起來/不起來」「出來/不出來」の用法について
    みっちり時間をかけて教えてもらった。そのなかで面白かったフレーズをひとつ。

    「我其實老起來放」
    私、こう見えて若いんです。


    直訳すると、「私は、実際には前もって老けている」。
    ちょっと前に流行した若者の言葉らしい。


    それにしても、やっぱり日本人の私がつっかかるのは発音。
    きっと中国語学習者はウンウン、と言ってくれるであろう話を少し。

    起來」は 3声の起 + 2声の來 なんだけど
    どうしてもふたつ目の2声に引っ張られて「起」が2声の発音になってしまう。
    言われるまで全然気づかなかった〜。やっぱり相手がいる勉強は必要ですな。
    「おおお、3声難しい」と改めて思った今日この頃。

    大げさに低い声で言えばいいんだろうかーとモンモン考えてたら
    私の悩みをスッパーーーンと解決してくれる動画を発見。



    この半3声を意識したら、ぐっと言いやすくなったよ(`・ω・´)
    そうかそうか。

    この人のシリーズでrとlの発音の違いについての動画も、
    図とか説明が簡潔で分かりやすくって参考になった。



    中国語は発音ありきの言葉だから、基礎をおろそかにしないように
    どんどん喋りながら勉強を進めて行こうと思いまする。



    英語に対する日本人の「ネイティブチックな発音」へのこだわりは
    ちょっといきすぎだと思うけど。




    気付いたんだけど、私多言語学習は向いてないのかも。
    ひとつのことに没頭することに喜びを感じるタチのようだ。はは

    ま、マイペースにいきましょ。


    ランキングクリックにいつも元気もらってます^^感謝
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村

    JUGEMテーマ:中国語
    JUGEMテーマ:台湾
    JUGEMテーマ:外国語学習
    JUGEMテーマ:勉強のこと
     
    12:39 中国語学習 comments(0)
    スポンサーサイト
    0
      12:39 - -
      comment

      message :