ふれっしゅらいふ、その後のハナシ。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

     - -
    運命の飛び石はどこに続く
    0
      15秒かけて、長く、長く息を吐く。
      スゥーーーー(。´3`)・・・ピタ!
      大きく空気を入れ替えて、あと2回。

      朝に深呼吸の3セット、
      これで今日一日何かイヤなことがあったとしても
      大抵のことは乗り越えられる元気をチャージできる。

      と、教えてくれたのは名越康文さん。
      from【Podcast学問ノススメ】2012・02・19放送分。

      バックナンバーを眺めてて、なんとなく気になったから聞いてみた。
      それが大当たり。今、聞くべくして聞いた、と思えたくらい。


      偶然ってやつは本当に不思議で、
      実は裏で誰かの意思が働いているんじゃないか、ってくらい
      飛び石が目の前に次々と現れてくることがある。
      そういうことって、誰にでもあるよね?

      それは「運命」だっだり、「縁」なんて言葉で表現される。
      面白いのは、飛び石は今までそこに在ったとしても、
      飛び出すタイミングになるまで目に見えないってことと
      それがひとつとは限らないってこと!!
      二者択一を迫らることだってある。目をこらしてみると、
      選択肢は二者なんて甘いもんじゃなかったり。

      焦って足を滑らせてずっこけてしまわないように、
      来たるべき飛び石に備えて日々準備運動を欠かさずにいたいものです。


      名越さんの話に、「怒り」がキーワードとして出てきた。
      嫌な気分、ネガティブな考え、不安、・・・
      そいつらの根底には怒りがあるんだって。
      怒りってのは心にも体にも、お肌にも悪い。
      仏教で「心毒」って名前を付けられてるくらいですから。

      怒りにまつわる話をふたつ。
      ひとつは、例えば「幸せになりたい」って気持ち。

      そこには「誰かに/何かに幸せにしてほしい」という他力本願が見え隠れ。
      期待してしまうから、アテが外れた時に怒りを生んでしまう。
      幸せなんて、待ってても来るもんじゃないのに。

      何によって自分が幸せを感じるのか。
      その条件は完全にオーダーメイド
      他人に委ねるもんじゃない。
      偶然外からやってきたときには、「ラッキー!ありがとう!」って
      素直に受け取ればいいだけなんです。

      もうひとつは、便利さがもたらした変化について。
      便利さの価値は「待たなくてもいい」ことに重きを置かれる。
      早く、速く、もっとハヤクの世の中で生活していると
      「待つ」ことが苦手になってしまう。
      (メールが帰って来ない…LINE既読なのに返事が来ない・・・)
      便利さが皮肉なことにイライラを生み、
      結果的に不幸な側面ももたらしてしまった。



      他にも、「本当の自分ってのは“自分が無くなってる時の自分”なんですよ
      なんて一見すると禅問答のような、でも話を聞くと「おぉなるほど!!」な
      話が満載でした。あんまりおもしろかったもんだから、
      3回も繰り返し聞いてしまった
      いつもは一回聞いて「ああおもしろかった!オシマイ!」なんだけど

      関西弁でテンポ良いからかな~?なんかフッフと笑えてくるんです
      もちろんPodcastで無料配信なので、一度聞いてみてください!!
      長いから…MP3をダウンロードして移動時間に聞く、とか。
      ラジオ版学問ノススメ
      名越康文さんの回はコチラ
      ここまで読んでくださったのも何かの縁です、よねうふふ


      それから、あんまりに名越さんの面白さにハマった私は
      もっと聞きたいなぁと思い、こんなページも発見いたしました!
      覚悟の瞬間(トキ)


      今日は金曜日。毎日が日曜日な私でも、なぜか金曜日はウキウキです。
      Caravanの歌を聞いてたら、気分は遊牧民です。聞いてみてね。



      季節は巡り、時は過ぎゆく。川は流れて、大海原にそそぐ。
      寄せては返す、無限のリズム。果てしない旅路のどこかでまた会えるさ。


      根無し草であっても、独りよがりにならず、意思のある根無し草でいたい。


      忘れそうになったときは、ためらわずに戻ってこよう。
      もし未来の私が、何かに傷付いてここに戻ってきたら、
      何も求めずにハグしてあげよう。


      さて、これはいつの私でしょう
      裸の芸術祭
      チクタク、チクタク
      風に流れる雲のように


      いつも支えてくれる皆様に、感謝
      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
      にほんブログ村
      JUGEMテーマ:ポッドキャスト
      JUGEMテーマ:心模様 
      JUGEMテーマ:なんとなく想う。
      13:20 考えること comments(0)
      スポンサーサイト
      0
        13:20 - -
        comment

        message :