ふれっしゅらいふ、その後のハナシ。
漢字の魅力
0
    日本語話者にとって中国語(繁体字)って、外国語の中で
    いちばん取っ付きやすいんじゃないか、って思う。

    漢字だし、「それ日本語でも一緒だよ」って単語が沢山ある。
    漢字が持つ表意的なニュアンスも掴みやすい。

    文法は全然違うけど、大昔に積極的に輸入した言語なだけあって
    日本語に通じるものがたくさんあって面白い


    Shaolan Hsueh ≪Learn to read Chinese≫

    その漢字が、ほとんどの外国人にとって
    中国語を学習する上でヤッカイな壁となって立ちはだかる。

    上のスピーチのテーマは、「漢字を楽しく簡単に学ぶ方法」。
    私達は小学生の時に国語の授業で習ったようなことだけど
    改めて見ると面白い。


    中国語学者は2万語の漢字を知っているけど、
    通常の読み書きであれば1000文字で十分。
    さらに特によく使われるトップ200位までの漢字だけで
    通常使用される40%がカバーできる
    わけだから、
    日常生活、身の回りのものに使われる中国語を
    大まかに理解するにはその200文字でも十分なんだとか。


    じゃあ日本人は漢字をどれくらい知ってるのか!

    小学校のうちに習う漢字が1006字、中学卒業までに
    常用漢字1945字をほとんど習う、らしい。
    2010年に告示された日本の常用漢字の数は2136字。
    実はこれ、中国の常用漢字2500字と結構近い。
    日本の社会人は3000字くらいは読めるのかな。


    今日言語交換で諧音ってやつを教えてもらった。
    いわゆる外来語を、同じ発音の漢字を使って
    別の意味を持たせる言葉遊びみたいなもの。

    例えばfacebook。中国語でそのまま臉書(臉:かお/書:本)。
    これを非死不可と書いてふぇいすぶーくーと読む。
    やってないと死んじまう、って意味。facebook中毒者への揶揄
    中国語ならではの言葉遊び、おもしろい〜〜!!



    そのうちTEDで「日本語のおもしろさ」を
    熱く語る日本人が登場することを期待!

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
    にほんブログ村
    JUGEMテーマ:中国語
    JUGEMテーマ:外国語学習
    00:10 中国語学習 comments(0)
    スポンサーサイト
    0
      00:10 - -
      comment

      message :