ふれっしゅらいふ、その後のハナシ。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

     - -
    涙が肥料になるのなら
    0
      久しぶりにジリリと暑い日差しの一日となりました。
      夏が終わったと油断してテカテカに日焼けしたちっちゃいお鼻は私です。

      ここのところ、長崎観光レポを中心にアップしてきました。
      毎週、毎週、彼とバイクとあちこちにお出かけで忙しいです。
      充実、と言えば充実なんだけど
      私はやっぱり静かにじっとしてる時間も必要なようで
      なんだか時間が空虚に感じてしまう今日この頃。


      最近と言えばじいちゃんの夢
      今までそんな頻繁に見たことはなかったのに
      なんでかしら時々ハッキリクッキリ五感に訴える夢を見る。

      先週だったか先々週だったか、またじいちゃんの夢を見た。
      今更なんでだろう?って不思議に思う。
      それがまた不思議な夢(相も変わらず)で、
      ブログに書こうか迷ってるうちにずいぶん日が経ってしまった。

      今、あんなに鮮明だった夢の記憶も断片的になってしまってる。
      覚えてるのは・・・

      じいちゃんと写真撮ったり、観光したり、なんだかすごく楽しい時間。
      あっ て気付いた。お別れしなきゃいけないんだって。
      もうじいちゃんはいないんだった、死んでたんだったって。
      (ストレートな表現はキツイけど、でも実際そんな風に思った)

      そうなるとすごく、とてつもなく悲しくなって
      こんなこと気付かなきゃよかった!!って後悔した。
      そうそう、明晰夢ってやつ。これは夢だ!!って気付いてるパターン。

      わんわん泣いて、もう鼻水もたらして、悲しさがどんどんあふれた。
      その横でじいちゃんは穏やかーに微笑んでこっちを見てる。
      何か言ってたかな、思い出せないな。

      忘れていく。
      一緒に撮った写真をぐっと見つめて忘れるもんかって思うのに
      だんだん薄れていく。写真の中のじいちゃんが薄くなっていって
      忘れていくことも忘れてしまう過程を外から感じ取ってる。
      ザラザラって、砂絵がゆっくり崩れてしまうみたいに。

      忘れてしまうのが怖くて、悲しくて、もっと激しく泣くんだけど
      もうなんで泣いてるのかもわかんなくなって
      私はほかのこと(友達だとか、趣味とか)に気が向いていく。

      ここからがいちばん不思議で、いちばん印象的。

      ざらざらーって、ほんとに砂そのものになって風に飛ばされてく映像!
      テレビで見てるみたいに、映像を眺めてる感じ。
      何が崩れていくのかって、うまく説明はできないんだけど
      それは「じいちゃん」であって「思い出」とか「記憶」そのものであって・・・。
      風に巻き上げられてぐるぐるーって竜巻になる。

      んで、あー!って納得する。
      土(地球)に帰ってったのか。って。

      ・・・なんだそりゃ(笑)

      でも、ほんと、ストンって納得したのだよ。
      すごくスッキリして、ちっとも悲しくもならなかった。

      もともと記憶とか思い出ってやつは砂の粒の集まりみたいなもんで、
      特定の時と場所と思いが固まって一個のカタチに残ってるだけ。
      (いつのまにか出来てる はなくそみたいに。)
      それがちょっとずつ、風化して砂塵に戻って行ったとしても
      私は何も失くしてないわけで。

      もとあった場所に戻った」だけなんだってこと。
      私個人が作った思い出・記憶が砂つぶに融けて行っても
      その思い出・記憶はその場に残る。

      私が忘れてしまっても、土(地球?)が覚えててくれる。

      そうやって作って壊して、人間の記憶の世界は耕されてるのかもしれない。
      悲しいことも、嬉しいことも、恐ろしいことも、楽しいことも。



      と、まあ、ひとりで納得。
      夢から考えたヒトコマでした。


      感謝 m(_ _)m



      JUGEMテーマ:日々のくらし
      JUGEMテーマ:心模様 
       
      19:35 考えること comments(0)
      スポンサーサイト
      0
        19:35 - -
        comment

        message :